現在進行形野外展2017

「恋する手」2017 ホワイトセメント ペンキ 900×900mm

現在進行形野外展2017に作品1点参加しています。

2017年10月3日火〜11月22日木

東京都多摩市桜ガ丘1-17-7
原峰公園 里山の森の中

日の出〜日没まで

◉京王線 聖蹟桜ケ丘駅より「桜ケ丘2丁目行き」バスにて「桜ケ丘4丁目」下車 徒歩3分

◉京王線 小田急線 永山駅より 「桜ケ丘4丁目経由聖蹟桜ケ丘駅行き」バスにて
「桜ケ丘4丁目」下車 徒歩3分

2017年1月 個展のお知らせです

個展のお知らせです

2017年1月16日(月)~1月25日(水) ※日曜日はお休み

12時~20時(祝、土曜は18時、最終日は17時まで)

GALLERY愚怜

東京都文京区本郷5-28-1

(東京大学赤門の向かいにあるギャラリーです)

2016年からはじめた石を使った作品を展示致します。

ご高覧ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

acc2

2017お正月小品展 参加のお知らせ

アートは「福笑い」展

2017年1月7日~1月22日

13時~20時(最終日17時まで)

※1月10日、17日は休廊

会場/ガレリア青猫

東京都杉並区西荻窪2-21-8

60名の作家のあつまった小品展。

女の子シリーズ1点展示します。

---------------------------------------

2017年新春小品展

2017年1月14日(土)~1月29日(日)

12時~19時(最終日は16時まで)

※木曜休廊

会場/ぎゃらりー由芽

東京都三鷹市下連雀4-15-2

こちらは80人以上の作家の小品を展示しています。

私は女の子シリーズ2点展示します

アーティストスマホケース販売

FACE TO FACE WEB GALLERYでスマホケース販売しています。

受注生産のため2週間ほどお時間がかかりますが、多機種対応しています。

ご自分のスマホの型に合わせてご注文ください。

https://facetoface.stores.jp/
isaka_case

 

 

ガレリア青猫(西荻窪)向き合う顔グループ展

ガレリア青猫画廊企画のグループ展です。

新作の銅版画(太子サイズ)6点展示予定です。

2016年 9月2日(金)~ 9月12日(月)

13:00〜20:00(最終日9/12は、18:00まで)

9/7(水)休廊

FACE%e5%b1%95DM%e4%bd%9c%e5%93%81%e9%9d%a2

FACEura

ー 参加作家ー

井坂奈津子(銅版画)

小倉ゆい(油彩・テンペラ)

尾崎風歩(デジタルフォトコラージュ)

澤田重人(陶)

雫石知之(油彩)

樹乃かに(デジタルドローイング)

豊泉綾乃(銅版画)

平林孝央(油彩)

ラファエル・ロドリゲス(油彩)

 

ガレリア青猫
http://ftf2000.com/aoneko/gareria_qing_mao/qi_hua_zhan_shi201609facetoface.html

アーティストスマホケースもこちらのギャラリーで取り扱っています。
https://facetoface.stores.jp/

 

田村明日香/井坂奈津子 2人展

あすかなつこ2人展

 

 

わたしたちのアトリエに来てから井坂奈津子も田村明日香も美術をはじめたのだが、いつの間にか井坂奈津子は12年、田村明日香は7年が過ぎていた。2人ともこの間に数多くの作品を残しているが初期の作品から現在に至るまでその方法と内容は初期のものと大きな変化はない。通常美術作家を志す時、学ぶ時代、習作の時代を経てそれぞれの表現に至るのだが、そのようなことがまどろっこしいとでもいうように2人とも迂回路を通ることなくその創作意欲をすぐにでも満たしたいというように美術を始めた。それを証すように当初からその感性のありどころを知るに充分な作品を残した。自らの資質を確かなものとして自己肯定していくことが美術創造の入口なのであるが、それぞれが反復する指先のタッチや筆跡は弛むことなく持続し手が探り、その感覚が思考を続ける持続力と創造力には改めて刮目するものがある。文明が人類のものとなる遥か以前から人々は造形をしていた。今私たちに残された太古の美術からも命のリズムや流れに直結された生命力の発露のような力を感じることがある。身近なことでいえば縄文の美術などの例もあるが、その時代も人類の文化が進歩した今も、命とその力は進歩することも後退することもない。現在においても未来においても受け継がれてきた命が続く限り内側にある豊かなその力を開放し、それを素直に表出するだけで、すべての人々が美術をする力能を持っているということを2人の作品は静かに示しているように思われる。

アトリエグレープフルーツ
小島顕一